ブログ・Twitterをリニューアルして1ヶ月が経ちました。

さて、Twitterアカウントやブログを
リニューアルして1ヶ月が過ぎました。

今の状況は

  • Twitterフォロワー 170名
  • コミュニティ参加者 25名
  • Twitterプロフ添削 41/100名

こんな感じです。

 

気づいたことは、

  • Twitterプロフ添削されて嬉しい人ばかりではない
  • DMを「怖い」と感じる人もいる
  • 自分の感覚にはズレがある
  • 悪いことをしたと思ったら本気で謝る

 

そして、

オカメインコさん(@okameinkoharu)の言葉に救われました。

 

ちょっと、この1ヶ月間のことをTwitterプロフ添削を
中心に話したいと思います。

Twitterプロフ添削スタート!!

Twitterプロフ添削は当初、

「1ヶ月で終わらせるぞ!!」

と、思って始めたのですが、達成できませんでした。

 

最初はそんなに時間がかからないと思っていました。

 

でも、実際に始めると、
ブログやLPのある方はそちらも拝読しないと
その方のことや繋がりが分かりません。

ブログやLPとTwitterプロフの不一致の話や、
気になるところの話を書くと最低1時間くらいかかるんです。

 

でも、いい加減なことはしたくないし、
気づいていながら黙っているのも良くない
って、思うので、ついつい長くなるんですよね。

 

最初はフォローして頂いた方から、
私が勝手に選んで添削してDMで送っていました。

 

すると、ビジネス仲間から、

「HSP気質の方はDMが怖いと感じる人もいますよ。」
「リプでオファーしてから添削してはどうですか?」

と、アドバイスを頂きました。

私は即断・速攻・即決タイプです。
良くも悪くも躊躇しないんですよね(^^;

 

最初は、

「えぇ~、フォローして貰ってるならいいんでないの?」

と、思いました。

 

でも、色々と話しているうちに、

「そっか、DMでも怖いと思う人がいるのか。」

って、ことに気づきました。

 

そこから、ちょっとめんどくさいと思いながらも、
アドバイスどおりにオファーしてから添削するようにしました。

 

すると、思わぬ副産物があったんです。

 

ひとつ目は

オファーしてから添削するので、
本当に添削が必要な方だけに届けられる。

ふたつ目は、

Twitter上でのコミュニケーションが増える。

 

最初、計画したときには
こんなこと全く思いつきませんでした。

アドバイスしてくれる方がいると本当に助かります。

添削されて不快な人もいるということ

こんな感じで添削を進めていったですが、
ある方にリプでオファーしたところ、

「ちょっと、DMでお話があります。」

と、言われました。

 

その方のこともあるので詳細は書けませんが、

「勝手に添削されたって私のところに苦情が来てます!!」
「〇〇さんに添削してもらった私のプロフのどこに
 問題があるんですか!!」

と、すっごい勢いで怒られました。

 

そこで、ハッと思ったんですよ。

 

「自分のプロフに自信のある人は不快なんだ。」

って。

 

そこから、勝手に添削してDMを送ったけど
反応が無かった方全員に直ぐ謝罪のメールを送りました。

 

これは私の考えなんですが、

「間違ったと思ったら本気で直ぐに謝る。」

ということです。

 

私は昔、
プライドがあったり、
怖かったりして

 

謝ることができませんでした。

 

でも、

妻からお礼をちゃんと言うことや、
レースの先輩から言い訳をしないこと、
職場の環境を変える中で

 

謝る練習をして、
謝れるようになりました。

 

すると、人間関係が凄く良くなったんですよ。

「そんなの当たり前でしょ?」

って、思われるかもしれませんができなかったんです。

 

自分の失敗に気づき、
直ぐに謝罪をしていきました。

 

すると、意外な反応がありました。

「DM見てませんでした。」
「今、初めて気づきました。参考にさせてもらいます。」
「私は嬉しかったですよ。」

ここでも気づきがありました。

 

DM見ない人が多いってことです。

 

実は私のところへは滅多と来ないのですが、
いきなり売り込みのDMとかたくさん来るそうです。

それで鬱陶しく思う人も多いそうです。

 

私は不要なDMが来ても気にせずスルーします。

 

私は投函されるチラシと違ってゴミにもならないから、
全く気にもしていませんでした。

 

こう考えると頑張って添削して、いきなりDMで送って
もポストのゴミになるってことが良く分かりました。

 

私はこうやって怒ってくださる方はありがたいと思っています。

 

99%の人は何も言いません。

怒るでも謝意でもアドバイスでも、
何か言ってくださる方は本当に大切だと思っています。

実はこの怒って頂いた方からブロックされてしまったため、
お礼も謝罪も伝えられていません。

私的には今回これが一番辛かったなと。

 

チャンスがあれば

「ごめんなさい。」と
「ありがとうございます。」は

伝えたいです。

トーンダウン→ひと言に救われる

実は私は豆腐メンタルです。
怒られてかなりショックを受けました。

誤解を招くといけないので、
ちょっと説明しておきます。

 

怒った方が悪いというわけではありません。

 

どうも私にはそういう面で
どうしても合わない方がいます。

 

これは私の資質の問題なので仕方ないところです。

 

で、ちょっと落ち込んで添削を
お休みしていたのですが、

そんなときに別のビジネス仲間からも
アドバイスを頂きました。

その中のほんの一部の話なのですが、

「オカメインコさんだって、本当に喜んでいますかね…」

実はオカメインコさんにも勝手に添削して送っていました。

 

そうか、表面上喜んでいても、
不快に思う人がいるんだ。

 

多分、私はこの辺りの感覚が欠如しているようです。
慌ててオカメインコさんに謝罪のメールを送りました。

 

すると、意外な返事が返ってきたんです。

 

「実は自分も昔、勝手にメルマガ添削ってやったことあるんですよ。」
「もうすでに改善しているようなので、それでいいのではないでしょうか。」

 

あぁ、そうなのか。
オカメインコもそんな時期があったのか。

 

本当にこのひと言で救われました。

 

もちろん、今回の失敗を肯定するつもりはありません。

でも、フタを開けてみないと分からないことも
たくさんあると思っています。

 

これからは、そのバランスをもう少し考えて
行動してみようと思います。

 

1ヶ月間での気づきをまとめると、

 

  • Twitterプロフ添削されて嬉しい人ばかりではない
  • DMを「怖い」と感じる人もいる
  • 自分の感覚にはズレがある
  • 悪いことをしたと思ったら本気で謝る

 

なかなかハードな1ヶ月でしたが、
今まで見えていなかったことも色々と見えてきました。

 

来月もこれを活かして頑張っていきます。


《無料レポート&未公開限定動画プレゼント中!!》

40代からネットビジネスを始めるための、
びんちゃんの《公式》無料メールマガジン「INNOVATE」

 

 

今なら期間限定読者全員

私が最初にネットビジネスで10万円を稼いだ方法が書かれた
27ページもの有料級レポート
『スタートダッシュ!!稼げる自己アフィリエイト』
無料プレゼント!!

さらに、

たった5つの簡単なアンケートに答えるだけで
『有料教材でも語られないTwitter分析法』
未公開限定動画をプレゼント中!!


最新情報をチェックしよう!