ともはるさんから人生初インタビューを受けたらめっちゃ楽しかった話

今回はインタビューコーチの
ともはるさん(@tomo29haru05)から
インタビューを受けたときの話です。

 

実は人生初インタビューでした。

 

インタビューなんてサラリーマンだけやってると一生に1度あるかないか。
あっても街頭インタビューくらいだとおもうんですよね。

 

 

これもね、ネットビジネスを始めたおかげで経験できたんですよ。

 

 

で、実際インタビューが決まったときはめっちゃ緊張しました。

 

 

受ける前は、

「トチったらどないしよう。」
「噛みまくったら恥ずかしいわぁ。」
「いらんことしゃべってしまわへんかなぁ。」

って、

 

悪いことばっかり考えてたんですよ。

 

 

でも、実際に受けてみたら杞憂でした。

 

 

ともはるさんの上手なリードとトークのおかげで
インタビューはあっという間に楽しく終わったんですよ。

 

もし、あなたが

 

YouTubeに音声を上げる自信が無いとか、
ひとりでしゃべる自信が無いとか、
自分に何ができるのか分からないとか、

 

悩んで足踏みしてしまってるなら、
思い切ってともはるさんを頼ってみて欲しいです。

 

ともはるさんがしっかりフォローしてくれます。

 

それに第三者からの視点で
あなたの強みや長所を引き出してくれます。

 

 

後で音声聞き直してみると、

「そっか、私の思いってこれやったんや!!」
「自分が頭の中でこんなこと考えてたとは思わんかった。」

なんて、新たな発見があるんですよ。

 

 

で、実際のYouTubeはコレです。

 

いや、ホント。

 

40代のパパさんに対聞いてもらいたい
凄くいいコンテンツになりました。

 

なんか、自分で言うのもなんですが、
普通にテレビとかラジオとか聞いてるのと
変わらないクオリティーなんですよね。

 

ともはるさんに依頼したら、
凄いコンテンツに仕上がるんですよ。

 

実際のインタビューはどんな感じだったのか?

 

 

で、実際のインタビューがどんな形で進んだかというと、、、

 

最初にお互いの近況とか自己紹介をLINE通話で話しました。
ともはるさんの近況も聞いたのでちょっと紹介します。

 

ともはるさんは食品関係の仕事をしながら
ネットビジネスをしてるんですよ。

 

奥さんと息子さんの3人家族。

 

実はお子さんが難病指定されている
病気で色々と苦労されているんです。

 

治療も大変なんですが食事も気を使わないといけないし、
学校に通うのも大変だしこのまま元気に育つかも分からない。。。

 

以前、

「今のうちに食べたいものは食べさせてやりたい。」

って言っていたのが印象的でした。

 

サラリーマンだと毎日決まった時間働かないといけないし
残業だってあるし子供のために時間を作るのも限界あるんですよ。

 

子供や妻にさせてあげたいことがあっても、
時間的にも金銭的にも大きく制限されちゃうんですよね。

 

特に子供の健康とかに関わってくると、
お金も時間も使ってあげたいじゃないですか。

 

 

私はね、

 

 

ともはるさんが子供のために
ネットビジネスの世界へ進んだのは
正しい判断だったと思ってます。

 

サラリーマンで時間もお金も無いからって
子供に諦めさせるのは誰だって辛いじゃないですか。

 

ちょっとヘビーな感じになっちゃいましたね。

 

それでも、ともはるさんは明るく
ネットビジネスで頑張って前進し続けてます。

 

なんか、熱くなってしまいましたがこんな感じで
他にもビジネスの近況などを中心に30分ほど話しました。

 

ここからzoomに切り替えてインタビューを開始。

 

zoomを始めるときにともはるさんから、

「zoomは顔出ししなくてもいいですよ。」

っていう親切なお声がけがありました。

 

私は対面でインタビューを受けたのですが、
ちょっと顔を見られるのは恥ずかしいって人でも
問題なくインタビュー受けられるんですよ。

 

こういう気遣いはありがたいですね。

 

そして、ここで初めてともはるさんと対面したんですが、
ホント「優しいお父さん」って感じで凄く安心感をもって
インタビューに臨めたんです。

 

あと、

 

ともはるさんが使ってるマイクがめっちゃ気になったんですよ!!

 

(なんか、めっちゃ高級そうやん。)
(ゼンハイザーやろか?)
(僕もええやつ使ったら聞こえが良くなるかなぁ。)

 

なんてことを考えてました(笑)
今度、メーカー聞いてみないとですね。

 

インタビューの流れですが、
最初の20分ほどでインタビュー、
後の20分は雑談でした。

 

インタビューの内容は聞いてもらうのが
早いのですがちょっとだけかいつまんで話すと、

 

私の月100時間残業、残業代2/3カットの暗黒時代から、
このまま仕事を続けていいのかって葛藤してた話や

 

戦力外通告の話、
不動産投資で妻ともめた話、
noteが3部1500円しか売れなかった話、

 

こんな話をさせてもらいました。

 

noteが3部1500円しか売れなかった話は、
また別の記事にしてみようかなと思います。

 

後はパートナーの理解って話もしました。

 

ともはるさんも私と同じく最初は
奥様からの反対があったそうです。

 

「副業パパさんのあるあるですよねぇ~」
「女神様みたいな奥様はなかなか居ないですよね。」

 

なんて、話をしていたのですが、
これは仕方のないことだと思っています。

 

人間って知らないことが2割を超えると
拒絶反応を起こすんですよ。

 

ネットビジネスとか不動産投資とか、
パートナーは知識ゼロなわけじゃないですか。

 

特に不動産投資は何百万、何千万ってお金が動いたり
借金したりするんで余計に不安になるでしょう。

 

その点、ネットビジネスは借金が無いので、
パートナーの不安は少ないと思います。

 

知らないから不安になって反対するのは
当たり前の反応なんですよ。

 

昔は、

「なんでこんな簡単なロジックが分からへんねん!!」
「このままやったら人生詰むってのが分からへんの!!」
「家族のためにわざわざ稼ごうってしてるのに!!」

なんて、思ってました。

 

でも、反対するのは当然の反応なんですよ。
ロジックだけではないんです。

 

一緒に暮らしている以上は無理強いできないし
少し時間がかかっても理解していって
もらうことが大切だと私は思っています。

 

 

そして、あっという間にインタビュー終了。

 

 

音声録音はここで終了して残りの時間は
zoomで色々とお話させて頂きました。

 

同じ副業パパ同士だとホント話題は尽きないですよね。

 

そして1時間ほどでインタビューが終了しました。

 

インタビュー終わってからが凄い!!

 

1時間ほどでインタビュー自体は終了したのですが、

 

そこからが凄いんですよ!!

 

記事の執筆からサムネイルの作成や音声のアップまで
ともはるさんが対応してくれるわけですが、、、

 

翌日にはアップされたんですよ!!
これにはかなりビックリしました!!

 

だって、インタビュー終わったの夜の11時過ぎですよ!!

 

私なら

「明日、ゆっくりやろ~。」

って、なってると思います。

 

ともはるさんはできるだけ早くコンテンツを
お相手に届けたい思いでやってるそうです。

 

こういうスピード感ある人とつきあうと、
ホント人生のプラスにしかならないんですよ。

 

ともはるさんのインタビューは本当にいたせりつくせりなので
難しいことは考えずに気楽に受けたらいいと思います。

 

でも、

 

ともはるさんも事前準備して、
1時間とかかけてインタビューして、
速攻でコンテンツを仕上げてって、

 

頑張ってくれるわけじゃないですか。

 

だから、インタビュー受ける側も丸投げではなく、
事前にともはるさんのブログ読んだり、
しゃべることを事前に考えたりするくらいは
しておくべき
だと思います。

 

そのほうが仕上がりも絶対良くなりますからね。

 

今、

「YouTubeアップしてみたいけど自信が無いなぁ。。。」
「ひとりだと何をしゃべったらいいか分からない。。。」
「私の強みってなんなんだろう?」

って、悩んでる人は、

 

ともはるさんを頼ってみてください。

 

ひとりでできないときは人を頼っていいんですよ。

《びんちゃんのプロフィール》

私は中小企業サラリーマンとして設計職で働きながら、
コンテンツビジネスの社長をやってます。

 

元々、仕事は失敗だらけのダメダメで、
副業でも何度も失敗と挫折を経験してきました。

 

それでもビジネスに挑戦し続けていたら、
結果が出始めたんですよ。

 

雇われるだけが働き方じゃない。
個人で収益を上げることもできる。
リスク無くビジネスを始める方法だってある。
実は普通のサラリーマンでもできる。

 

そのことをひとりでも多くの人に
知ってもらいたいと思いブログをやってます。

 

詳しいプロフィールは
この記事を読んでもらえたらと思います。

 

40代サラリーマンが社長になった物語

はじめまして、びんちゃんです。   私はサラリーマンとして製造業の設計業務をしながら コンテンツビジネスで社長をやってま…

最新情報をチェックしよう!