高校生のとき、好きな女子に告白できなかった話

さて、今回は

「やらかしたことは後悔しないけど、やらなかったことは一生後悔する。」

って、話をしようと思います。

 

あなたにどうしても「やらなかった後悔」ってのを
知ってもらいたくて超恥ずかしい高校時代の話をさらすことにしました。

 

マジで恥ずかしいのを押し切って書いたので、
最後まで読んでみてください。

 

あなたは昔のことで何か後悔していることはありませんか?

 

多分ね、それはやらなかったことを後悔してると思います。

 

 

もちろん、私もあります。

 

 

高校生のときの話です。

 

私は高校に進学してからクラスに馴染めなかったんですよ。

 

授業は普通に自分のクラスで受けていましたが、
昼食は小学校からの友達のクラスへ出向いて食べてました。

ある日、同じように友達のクラスでお弁当を
食べていたら一人の女子が私の横へ来て、

 

「学級委員なんだから、ちゃんと黒板消してよね!!」

 

このときは何が起こったのか分かりませんでした。

 

(はぁ?学級委員ってなんのこと?)
(僕がこのクラスでそんなことしてるわけないやん!!)

 

彼女はこの一言を言い残して、
スタスタと歩いて去っていったんですよ。

 

さらに別の衝撃があったんですよ。

彼女、メチャクチャタイプやったんです!!

このときの彼女の顔は今でも忘れていません。

 

 

当時の私は女っ気ゼロ、
ファッションセンスゼロ、←これは今でも
根性も度胸もない、
彼女は進学クラスで、
私は下位クラスで、、、

 

おまけにくせ毛がひどく髪型なんて全く選べなかったんですよね。

 

そんなコンプレックスだらけの私は、

(めっちゃタイプやけど告白なんか無理やわ。。。)

と、ずっと思ってました。

 

後で教えてもらったのですが彼女の名前は沙織ちゃんでした。

 

あと、

 

クラリネットを吹いているとか、
モーツァルトが好きとか、

 

 

あ、さすがに彼女の名前は仮名ですよ(^^;

 

 

昼休みに友達のクラスに行って、
たまに彼女を見られるのが楽しみになってました。

 

あぁ、今考えたら情けない。

 

今の私なら速攻告ってますよ(笑)

 

そんなもやもやした高校生活も1年生が終わろうとしていました。

 

私の学校は2年生になるときに、

理系進学
文系進学
専門学校進学
就職

このうちのどれかを選ばないといけなかったんです。

 

私は成績が悪いにもかかわらず理系進学を選びました。

 

担任の先生からは、

「お前には無理やぞ。」
「専門学校進学にしたらどうや?」

と説得されました。

 

しかし、全部突っぱねて理系を希望したんですよ。

 

理由は凄くカンタンで国語と英語の
成績が赤点連発で絶望的に悪かったんです。

 

そんな私、今ブログとか書いてます(笑)

 

当時の理系クラスって女子はほとんどいなかったんですよ。
看護大学目指す女子が数人ってレベル。

 

だから、沙織ちゃんと同じクラスになることは
無理だろうなって思ってたんです。

 

それが、なんと!!

 

同じクラスになったんですよ!!

 

彼女は建築学科を目指していたんです。

でも、あかんたれの私は彼女と話すこともままなりませんでした。

あぁ、情けない。。。

 

そんな状況のまま何の進展もなく年末を迎えました。

 

実は沙織ちゃんとは全く話せていなかったんですが、
その友達の優子ちゃんとは仲の良い友達になってました。

 

高校生になってから初めてまともに話せる女子でした。

 

優子ちゃんは美人という感じではなかったんですが、
笑顔が凄く可愛くて魅力的な女の子でした。

 

そんなある日、

 

優子ちゃんから、

「12月の24日に遊園地に行けへん?」

と、誘われたんですよ。

 

 

しかし、超鈍感で空気読めない私は、

「全然ええよ!メンバー決まったら教えてな。」

って、答えてしまったんですよ(汗)

 

 

「うん、分かった。」

 

 

その時はそれで終わったのですが、
後日、手紙をもらったんですよ。

「私と2人で行きませんか?」

って。

 

正直、悩みました。

 

優子ちゃんは好きやし仲がいいけど、
好きなタイプは沙織ちゃんやし。。。

 

(でも、こんなチャンスは滅多にない!!)

 

と、優子ちゃんと付き合うことにしたんですよ。

 

 

そして、2人で

クリスマスイブに遊園地デートして、
修学旅行を一緒に楽しんで、
水族館デートに行って、

と、楽しい日々を過ごしていたある日、

 

優子ちゃんから、ある頼み事をされました。

「沙織ちゃんが圭介くんのことが好きやねんて。」
「ダブルデートしたいから圭介君をさそってくれへん?」

さすがにちょっとこれは複雑な気持ちでした。

 

圭介とはそんなに話すことは無い関係でしたが、
小学校から高校まで、ずっと同じ学校でした。

 

背は高くないのですが、
男前でピアノがめちゃくちゃ上手で、
成績もクラストップでした。

 

ピアノもベートーヴェンの月光とか弾いてたし、、、

(うわぁ、コレは勝てへん。。。)

そんな複雑な気持ちのまま4人でスケートに行ったんですよ。

 

そこから、

 

私は優子ちゃんと付き合い、沙織ちゃんは圭介と付き合う。

 

こんな関係になったんですよ。

 

そして、高校3年生になりました。

 

理系クラスは1クラスしかなくクラス替えがなく担任もそのままでした。

成績悪かった私もギリギリ留年しませんでした(笑)

 

 

3年生になって直ぐに優子ちゃんに呼び出されたんですよ。

 

「別れよう。」

「前の彼が忘れられへんねん。」

 

実は彼女の態度がおかしかったので薄々気づいていたのですが、

 

それでも、めちゃくちゃショックでした。

 

なんとかならないかと、あれこれ説得したのですが、

 

 

彼女の意思は固かったです。

 

 

どうにもならず、お互いに無言のまま学校を出て別々に帰りました。

 

 

帰ってからめちゃくちゃ泣きました。

 

 

フラれたこともですが、自分が中途半端な気持ちで
優子ちゃんと付き合ってたことが情けなくなったんです。

 

 

それから、彼女とは一言も話すこと無く卒業しました。

 

 

私が彼女と別れてからほどなくして、
沙織ちゃんも圭介と別れたんですよ。

 

 

4人で色々遊んだおかげて私は沙織ちゃんとも普通に話すようになり、
フラれたもの同士の妙な友情関係がスタートしたんです。

 

 

このとき、凄く悩みました。

(こんな状況で沙織ちゃんを口説いていいんだろうか。。。)

結局、私は沙織ちゃんに気持ちを伝えることなく高校を卒業しました。

 

 

ここで、私は2つの後悔を背負ったんです。

 

 

ひとつは、

 

優子ちゃんと別れてから一言も話していないこと。
一言も話さずギクシャクしたまま気まずい1年間を彼女に過ごさせてしまったこと。

 

これを謝りたい。

 

もうひとつは、沙織ちゃんに気持ちを伝えなかったこと。

 

3年生でお互いフリーになったとき、
彼女が大学の彼と別れたとき、
彼女が離婚したとき、

 

チャンスは何度もあったんですよ。

 

この2つの後悔を30年以上かかえていました。

 

 

そう、

 

 

やらなかった後悔はずっとジャリジャリと
音を立てながら心に残り続けるんですよ。

 

 

だから、私は、

「やらかしたことは後悔しないけど、やらなかったことは一生後悔する。」

ってのを強く思っているんです。

 

もし、今ビジネスを頑張らなかったら、
将来の私はどんな後悔をしてるだろう?

 

デキの悪い年下上司の下で尻拭いして後悔してるかも、
やりたくもない仕事をやり続けさせられて後悔してるかも、
55歳で収入減って後悔してるかも、
60歳で仕事取り上げられて後悔してるかも、
70歳で体が動かなくても食べるために働いて後悔してるかも、
死ぬ前に「こんなはずじゃなかった。。。」って後悔してるかも、

 

もう、こんな後悔したくないんですよね。

 

自分で稼げるようになる可能性があれば、
目の前にチャンスがあるのなら、

 

絶対に行動するべきだし
即決で行動するようにしてるし
結果が出るまで続けるべきだと。

 

あなたも絶対に後で後悔して欲しくないんですよね。

 

やらない理由を並べて諦めるのは簡単です。
でも、その後の後悔を払拭するのは凄く大変です。

 

払拭するのに私は30年かかりました。

 

あなたは後悔しない正しい選択をしてくださいね。
年取ってからだと後悔しても間に合わないですから。

 


《Twitter✕ブログの高単価自動収益化方法》

びんちゃんの【公式】メルマガ「INNOVATE」は無料登録で
サラリーマンが資金ゼロでも副業からスキマ時間を使って
自動収益を構築していく詳しい方法が分かります。

 

今なら初心者が初めての副業収益を得るのに最適な有料級電子Book
『3時間でも5万円も可能!かんたん副業の始めかた』
が、もらえます。

さらに、1分でできる簡単なアンケートに答えると約1時間の有料級動画

『月間1000フォロワーも夢ではない、
初心者でも4ステップでできるマル秘Twitter攻略法』

をプレゼント。

 

最新情報をチェックしよう!