勉強が楽しくないのは○○を知らないだけ、楽しく強くなれる本当の学び方

さて、今回はホントの学びはめっちゃ面白いよって話です。

 

この学びの面白さを知ったら、
サラリーマンだろうがビジネスだろうが趣味だろうが
楽しいし、めちゃくちゃ強くなれます。

 

まず、

 

いきなりですが、

 

あなたは学校の勉強が楽しかったですか?

 

私は嫌いでした。

 

いや、大っ嫌いで成績は最悪でした。

 

小学校4年生くらいまではそうでもなかったのですが、
それ以降は最悪でしたね。

 

小学校の頃は漢字が大嫌いでした。

 

学校で漢字のテストがあったんですよ。

 

相撲の番付になぞらえて合格したら
番付が上がっていくシステムだったんですが

みんな横綱になっていく中、
私は小結だったかで終わりゴールできなかったんですよ。

 

中学では英語が極めて悪かったです。
もちろん、国語も悪かったです。

高校卒業まで語学系の中間テストや
期末テストはほぼ赤点。

 

高校では理系クラスなのに数学の点数が悪いという始末。

 

なのに、先生には、

「自動車会社で開発やりたい。」

とか、意味不明のこと言ってました。

 

今、思い返すと

「お前はどうしようもないアホやなぁ。」
「そんなの一流大学に進学せな無理やんか。」
「勉強せななれるわけないやんか。」

って、突っ込みどころ満載です。

 

恥ずっ(笑)

 

一応、大学には進学したのですが受験勉強も嫌だったので、
そんな成績でも入れる夜間の大学へ進みました。

 

そんな語学大嫌いでダメダメだった私が
今、ブログ書いてるんですから人生って分からんもんです。

 

文章は才能やセンスじゃない技術だから
こんな私でもできるわけなんですけどね。

 

それくらい勉強が大嫌いで進学する気もなかったのですが
実家の近所に住んでいたばあちゃんから

「大学だけは行っとき。」

と、言われて渋々行けるところを探して
嫌々行ったという感じでした。

 

おばあちゃん子だったので、
ばあちゃんに言われたら仕方ないなって。

 

人に言われたからで行動するって
今考えたらかっこ悪いなって思うんですよね。

 

18の私に言えるのなら、

「もっとシャキッとして自分で決めろよ!!」

って、罵倒したいですよ。

 

と、大学行く気が無いと言って働く気も無かったというか、
何も目指したいものが無かったんですよね。

 

でも、大学行っておいたのは良かったと思ってます。

 

就職氷河期に就職活動しなくても
正社員になれたんですから。

 

まぁ、こんな勉強嫌いの私でしたから、
働き始めても勉強なんかまともにしませんでした。

 

昇格に必要な資格の試験も3回落ちて
まわりが一発合格してる中4年がかりでやっと合格。

 

これくらい勉強嫌いな私でも勉強を
好きになるきっかけがあったんですよ。

 

それが残業がMax.月100時間、
残業代2/3カットという状況です。

 

結婚して子供ができて100時間も
残業ある状況にヤバいと感じたんですよ。

 

「これ、子供の運動会とか行けるのか?」
「60歳定年までこんなことしてたら身体壊れるわ。」
「2/3もカットされて頑張る理由があるのだろうか。。。」

 

残業2/3カットって時給500円くらいってことですからね。

 

当時は何も考えすイメージだけで出世のためとか思ってました。
もう、思考できる状態では無かったんですよね。

 

出勤のときに玄関の前で意識を失って倒れて、
意識が戻ってから「これは死ぬかも。」と思って
這って布団に戻って泥のように寝たり、

 

電車のホームで、

「あの電車の前に飛び込んだら楽になるだろうな。。。」

って毎日考えたりしてました。

 

多分、自殺する人はこのとき
とっさに飛び込んでしまうんでしょうね。

 

一歩間違えてたら飛び込んでたと思います。

 

 

そう、生命の危機を感じたんですよ。

 

 

そこから残業を無くすために
大っ嫌いな勉強を始めることにしたんです。

 

人間ってホントおしりに火がつかないと行動しないんですよね。

 

最初はお金も無かったし本を読むところから始めました。

 

さっき話したとおり語学最悪だったので
最初は拷問でしかありませんでした。

 

見開き2ページを読むだけでもう眠たいんですよ(笑)

 

今でこそ本を読むことがネタになるし
収益になるって経験してるから読めるのですが、

 

当時はラリホーに抗う我慢大会と同じ。

 

法要でお経聞いたら眠くなるでしょ?

 

あれと同じです。

 

そりゃ、今まで全然やってこなかったことなんですから
当たり前っちゃ当たり前なんですよ。

 

自転車乗り始めたときのこと覚えてます?

 

最初は両側に補助輪付きで乗り始めるじゃないですか。
つまり4輪、だからこけない。

 

次は片方だけ外して、、、

 

そして反対も外してお父さんに補助してもらい、、、

 

何度もコケながら最後は自分ひとりで
自転車に乗れるようになったんじゃないでしょうか。

 

 

つまり、最初は誰だってできないってことなんですよ。

 

 

だから、あなたがTwitter始めたり、ブログ書き始めたり
ネットビジネス始めたりしたら何度かコケます。

 

私も何度もコケました(笑)

 

でも、コケることは通過儀礼で当たり前の洗礼だと思ってください。

 

 

話を戻して、

 

 

そんなラリホーと戦いながら、
本を読み続けたんですよ。

 

最初は稲盛和夫さんの「生き方」だったと思います。

 

ダニエル・ゴールマンさんの「EQ こころの知能指数」
フランクリン・コヴィーさんの「7つの習慣」
ロバート・キヨサキさんの「金持ち父さん貧乏父さん」
ジム・コリンズさんの「ビジョナリー・カンパニー 2」
ロバート・チャルディーニさんの「影響力の武器」
森岡毅さんの「苦しかったときの話をしようか」
泉正人さんの「仕組み仕事術」
堀江貴文さんの「時間革命」

 

他にもあれこれ読みました。

 

森岡毅さんの「苦しかったときの話をしようか」は
娘さんのいるお父さんにはめっちゃ刺さると思うので
読んでみて欲しい本のひとつです。

 

堀江貴文さんの本も
「この人、本気で読者の人生を好転させたいんだな。」
って、優しさを感じる文章で好きです。

 

 

でね、

 

 

このとき、もうひとつやった大事なことがあるんです。

 

本の内容を愚直にやるってことです。
実はこれが遠回りのようで最短ルートなんですよ。

 

多分、多くの人は読んで学んだ気になって終わってるか、
ちょっとやって「効果ないや。」って終わってると思うんです。

 

これは読んで知っただけで本当の学びになってないんですよね。
実践して結果を出して初めて学びになるんですよ。

 

身につかなかったら時間のムダでしかないですよね。

 

ここまでやると残業時間が減って
効果を感じることができるんです。

 

この、効果を感じるってのがめちゃくちゃ大事なんですよ。

 

「成功体験」ってやつです。

 

これを知ったら人間は味を占めるんです。

 

そしたら、「もっとおかわり!!」ってなるわけです(笑)

 

もう、とにかく効果ありそうな本は
片っ端から読んで実践していきました。

 

もちろん、やりきれなかった本や、
全然効果が出なかった本もありました。

 

どの本とは言えないですけど。

 

当時は本を信じて愚直にやるしか
できなかったんですが思い返すと、

「なんや、これパクリやん。」
「中身しれてるやん。」
「マーケティングだけで売ってる一発本だな。」

っての、結構ありますね。
多くの人は比較しないから気づかないんですよ。

 

一言だけ、ベストセラーは鉄板ですよ。

 

そして、100時間の残業をゼロにすることができました。

 

言葉にしたら一瞬ですが、それなりに大変でした。

 

でも残業無くなったときはめっちゃ嬉しかったですよ。
やったことが明確な良い結果になって現れたんですから。

 

そう、本当の学びとは学校教育ではなく、
学んで実践して経験して理解することだったんです。

 

かかった費用は本代だけ。
3万円もしてませんよ。

 

これで月100時間という時間を私は手に入れたんです。
めちゃくちゃコスパ良いと思いませんか?

 

これを40歳にしてやっと知りました。

 

遅すぎ。。。

 

もし、10代の自分に伝えることができたら、

「こうすれば勉強は楽しいぞ!!」
「好きな大学行ってやりたい仕事できるぞ!!」
「なんならビジネスの勉強しとけ!!」

って、教えてやりたいです。

 

でも、最後にどうしようもない壁にぶち当たったんですよ。

 

それが会社の9時間という拘束時間です。

 

これだけは会社を劇的に変えるとかしないと、
減らしようがないウォールマリアより高い壁だったんです。

 

ここから左遷の憂き目に会い、
この9時間の壁をぶち壊すために、
不動産投資、ネットビジネスへと進んだわけです。

 

今度はもっとコスパが良いところを目指しました。
当時はあんま意識してなかったんですけどね。

 

ファイナンシャルアカデミーに30万円払って
不動産投資を勉強したんですよ。

 

当時乗ってた大事にしてたバイクを売却して種銭にしたんです。

 

結婚して子供のいる人なら分かると思うんですが、
こういう高価な趣味道具って一度手放すと
もう二度と手に入らないかもしれないんですよ。

 

家族を養ってる中小企業のサラリーマンだと、
100万、200万の買い物って無理ゲーじゃないですか。

 

でも、大事にしてたとはいえ、
そのバイクにしがみついてジリ貧になって
最後、泣く泣く廃車にしてバイク人生終了~

 

ってのは、私の望む未来ではなかったんですよ。

 

乗るからには好きなバイクに好きな時に、
好きなだけお金かけて乗りたいじゃないですか!!

 

私はその未来を手に入れることを目指したんです。

 

実際に不動産投資を学んで実践して、

 

祖母の家のリフォームで70万円の節約、
実家のリフォームで30万円の節約、

 

もう、これで元取れました(笑)

 

やっぱ知識って凄いですよ。
知ってる知らないは雲泥の差。

 

購入した物件も市場価格1000万円のものを
物件代250万円+リフォーム代160万円で手に入れてます。

 

まず、年間78万円の家賃が入ってきてます。

 

単純計算ですけど

1000万円ー410万円=590万円

分離課税20%が差し引かれて

590万円×0.8=472万円

 

5年後に売却したら年利17.3%ですよ!!
5年の定期預金と思えばめっちゃ率がいいでしょ?

 

ネット銀行の利回りいいところでも0.3%くらいです。
100万円預けて年間3000円ですよ!!

 

5年というのは個人の場合は短期で物件を売却すると
分離課税で40%も持っていかれるんですよ。

 

だから、丸5年経った次の1月1日以降に売却するわけです。

 

私の場合、妻の反対や資金不足で一時中断してますが、
それでもこの利益ですよ。

 

ただ、不動産は初期投資額や借金が大きいんで、
家族の理解ってハードルがめちゃ高なんですよね。

 

最近だとマーケティングとコンテンツ制作の技術を
学んで作ったTwitter攻略法は一晩で60部以上売ったとか。

 

これも裏話があって、

 

最初はコンテンツ制作の勉強して
Twitter攻略法をnoteで販売したんですよ。

 

売り上げはたったの1500円。。。

 

5000円を500円に値下げして、
それでもたった3部。。。

 

当時は泣きそうというか泣いてました。
だって、作るのめちゃくちゃ時間かかってたんですから。

 

そこからマーケティングってのを知って
勉強して実践してリリースしたら、、、

 

マーケティング学んだら同じ内容でも
一晩で60部売れたわけです。

 

改めて知識ってオイシイですよ。

 

最後にまとめ。

 

学校の勉強は使いどころがテストしかなくてつまらない。
でも、本当の学びは勉強して実践して成功を体験できるから、
楽しいし「もっとオカワリ!!」ってなるものなんです。

 

あなたも学ぶ旨味を体験してみて欲しいですね。

《びんちゃんのプロフィール》

私は中小企業サラリーマンとして設計職で働きながら、
コンテンツビジネスの社長をやってます。

 

元々、仕事は失敗だらけのダメダメで、
副業でも何度も失敗と挫折を経験してきました。

 

それでもビジネスに挑戦し続けていたら、
結果が出始めたんですよ。

 

雇われるだけが働き方じゃない。
個人で収益を上げることもできる。
リスク無くビジネスを始める方法だってある。
実は普通のサラリーマンでもできる。

 

そのことをひとりでも多くの人に
知ってもらいたいと思いブログをやってます。

 

詳しいプロフィールは
この記事を読んでもらえたらと思います。

 

40代サラリーマンが社長になった物語

はじめまして、びんちゃんです。   私はサラリーマンとして製造業の設計業務をしながら コンテンツビジネスで社長をやってま…

最新情報をチェックしよう!