すずめの戸締まりの冒頭12分間無料公開をマネたらモノは売れるという話。

今回は商品を売るため、お客様になってもらうための
必須の話をしたいと思います。

 

先日、新海誠監督の
すずめの戸締まりを映画館で見てきました。

 

結論から言うとめっちゃ面白かったです(^^)

 

あんまりしゃべるとネタバレになってしまうのですが、
岩戸鈴芽、宗像草太、岩戸環の3人の葛藤の描写がく心にきました。

 

ホントに誰でもあるホンネとタテマエというか、
明るい鈴芽でも悩んでたんだなって。

 

実はこういう心の葛藤の物語っていうのは
みんな大好きなんですよ。

 

だから、ブログ書くときとか取り入れるといいですね。

 

あと、映画の中でマクドとか実際にある
お店が出てきたりするんですが違和感無いんですよ。

 

これは凄い技術だと思います。

 

昔はスポンサーの意向とかで無理矢理入れました感のある
ものが多かったのですが、それを感じさせないんです。

 

宮崎駿監督の「魔女の宅急便」も
ヤマト運輸のスポンサーで当時話題になりました。

 

宅急便ってのはヤマトホールディングスの
登録商標なんですよね。

 

一般名称は宅配便になるんですよ。

 

だから、勝手に使えないんですよね。

 

この辺りは当時色々ともめたみたいですが、、、(^^;

 

実際の映画では宅急便の名前が使われるとか、
黒猫のジジが出てくるとかって程度。

 

ガチで宅急便のトラックが出てくるとか、
ドライバーが描かれるなんてことはなかったんですよ。

 

 

まぁ、世界観に合わないですしね。

 

 

でも、新海誠監督は違うんですよ。

 

 

アニメーション自体がリアルで食べていそうな人が
食べてるとか当たり前のように溶け込んでいるんですよ。

 

シエンタの後部座席で子どもたちが
えだまめコーンをこぼしながら食べてるとか。

 

これは真剣にリアリティを追求しまくったことで
達成できた凄いことなんだろうなって思ったんですよ。

 

 

この作り込みは本当に凄いですよ。

 

 

松村北斗さんの声も良かったなぁ。

 

 

 

で、

 

 

 

感想はこれくらいで冒頭12分の話をしますね。

 

あなたも見たかもしれませんがアマプラとかU-nextとかで
すずめの戸締まりの冒頭12分が見られるんですよ。

 

私は元々、

「本編アマプラで観られるようになってからでもいいかなぁ~」

くらいに思ってました。

 

 

でも、冒頭12分を観てしまったために

「これは必ず映画館で観なくっちゃ!!」

って、思ってしまったんですよ。

 

 

はい、まんまとヤラれてます(笑)

 

 

他にもシン・エヴァンゲリオンとか
閃光のハサウェイも公開前に見れたんですよね。

 

なんでこんな無料公開してると思います??

 

実はこの12分の動画を公開するだけで、
本来ならお客様にならなかった人が
お客様になってしまうんですよ!!

 

冒頭12分を公開しただけで、
なんでお客様が増えるのか?

 

ちゃんと理由があります。

 

関心の4段階って聞いたことありますか?

 

これは人の関心は

無関心
 ↓
好奇心
 ↓
欲望
 ↓
恐怖

段階で上がっていくというものです。

 

そして、欲望や恐怖の段階まで上がれば
商品は売れるってことなんですよね。

 

例えば、

 

「ユニバで遊びたい!!」
って欲望を満たすためにUSJに遊びに行くとか、

 

「ハゲるのが怖い!!」
って恐怖から育毛剤を買ってしまうとか、

 

って、ことなんです。

 

すずめの戸締まりのTVCMを見て
好奇心を持った人はたくさんいたと思います。

 

CMも上手に作ってますしね。

 

でも、好奇心レベル。

 

「映画館まで行って1700円払って映画を見る。」
ってレベルに簡単には至らないんですよ。

 

 

そこで冒頭12分の登場です!!

 

 

最初の12分を見せることによって、

「ちょっと面白そうな映画だな。」って好奇心を
「めっちゃ面白そうだから映画館へ行こう!!」って

欲望の段階へ押し上げているんです。

 

もっと分かりやすいのが、
シン・エヴァンゲリオン。

 

公開当時シン・エヴァの冒頭12分も見たのですが
見ても見なくても映画館に行くつもりだったので
12分の意味について何も考えていなかったんですよね。

 

当時はこんな知識もありませんでした。

 

だから、こんな重要なことにも
気づかなかったんですよ。

 

知識が無いとその意味すら分からないんですよね。

 

で、話を戻して、

 

まず、公開されたのは冒頭12分10秒10コマ。

 

この12分10秒10コマと細かく書いているだけで
中二病患者心をくすぐりますよね(笑)

 

鷺巣詩郎氏の心高鳴る音楽。
タイムリミットのある中での戦闘。
戦艦とSSTOの船底を使った防御ギミック。
ザブングルのようにハンドルで操作できるエヴァ。
バチカン条約違反の4444Cの登場。
ギリギリで起動するアンチLシステム。

 

そして、またエッフェル塔をぶっ壊してしまった庵野秀明監督(笑)

 

何言ってるか分からない人ゴメンナサイ、、、

 

 

とにかく!!

 

 

冒頭12分に中二病患者にブッ刺さる内容が満載なんです。
それを先にブッ刺してしまうわけです。

 

そしたら、中二病予備軍でも

「絶対、映画館に観に行かなくちゃ!!」

って、なりますよね。

 

 

そして、映画館へ行くって手間と1700円払う
ってハードルを超えさせることができるわけなんですよ。

 

 

これはめちゃくちゃ効き目あるって思いますよね。

 

そして、

 

これはどんなビジネスでも同じで、
お客様に欲望や恐怖を産ませることができたら
商品は売れるってことなんですよ。

 

だから、ダイエットとか育毛、恋愛
っていう商品は売れるんですよ。

 

 

ただし、ライバルも超強力。。。

 

 

だから、個人で戦うなら
ズラしたほうがいいんですよね。

 

ズラシの話とかは別の機会で。

 

 

で、話を戻して、

 

 

多分、あなたも何かをきっかけに

「これ買おう!!」
「めっちゃ欲しい!!」

って、なった経験があると思うんですよ。

 

ちょっと過去を振り返ってみて、
そうなったポイントを思い出して欲しいんですよ。

 

そこがお客様になってもらうための
ヒントになってくるはずです。

 

なので、色々と思い出してみてください。

《びんちゃんのプロフィール》

私は中小企業サラリーマンとして設計職で働きながら、
コンテンツビジネスの社長をやってます。

 

元々、仕事は失敗だらけのダメダメで、
副業でも何度も失敗と挫折を経験してきました。

 

それでもビジネスに挑戦し続けていたら、
結果が出始めたんですよ。

 

雇われるだけが働き方じゃない。
個人で収益を上げることもできる。
リスク無くビジネスを始める方法だってある。
実は普通のサラリーマンでもできる。

 

そのことをひとりでも多くの人に
知ってもらいたいと思いブログをやってます。

 

詳しいプロフィールは
この記事を読んでもらえたらと思います。

 

40代サラリーマンが社長になった物語

はじめまして、びんちゃんです。   私はサラリーマンとして製造業の設計業務をしながら コンテンツビジネスで社長をやってま…

最新情報をチェックしよう!