コンラッド大阪に泊まってみたら、マーケティングの勉強になった話

今回はコンラッド大阪に泊まったときの話です。

 

ただ、

「すっごくキレイでオシャレだったよー。」

なんて、話だけでは全く意味ないので、

 

マーケティング的に興味深かったところや、
視点の話をもちろん盛り込んでます。

 

 

さて、

 

 

コンラッド・ホテルズとは日本だと東京と大阪にしかない
ヒルトン系のハイグレードなホテルです。

 

最初知ったのは朝の情報番組で、

「ひぇ~、こんな凄いホテルもあるんだ。」
「一生、泊まることないだろうなぁ。。。」

なんて、思って見てました。

 

最近はデイユースプランでテレワークできるみたいなんで、
そのうち、ネタに使ってみようと思います。

 

今回、コンラッド大阪に泊まった理由は、
妻への結婚記念日のプレゼントだったんですよ。

 

ディナーはシュラスコ料理を食べに行きました。

 

そうそう、ふくろうカフェにも行ったのですが、
これもビジネス的に面白かったのでそのうち話します。

 

 

こんなのって、

 

 

副業始める前では考えられない話ですよ。

 

 

以前ならせいぜい、

「ちょっと良い焼肉行って終了~。」

くらい。

 

苦労もあるけど、自分で稼ぐ道を
選んで良かったと思ってます。

 

さて、ちょっと本題に入っていきますね。

 

完全に田舎者のお上りさん状態でした。。。

 

コンラッド大阪の場所は以前から知っていたのですが、
もちろん、ホテルに入るのなんて初めてです。

 

とりあえず、エントラントと思われるところから入ってみたら、
いきなりホテルマンにエレベーターへ案内されたんですよ。

 

正直、言います。

 

めっちゃ、戸惑いました。。。

(あれ?フロントどこなんやろう???)

って、オロオロ探してしまったんですよ。

 

コンラッド大阪のフロントは実は40階にあるんですよ!!

 

こんなの全然知りませんでした。
完全に田舎者のお上りさん状態です(笑)

 

これは恥ずかしかった。。。

 

そして、オシャレなエレベーターに乗って、
40階のフロントへ無事に付きました。

 

そこからの景色はというと、

 

流石40階です!!

 

いつも、見上げている建物が全部下に見えるんですよ。
同じ目線に感じるのはあべのハルカスくらい。

↑↑↑真ん中にあるのがハルカス。

 

「やっぱ、凄いホテルだなぁ~」

って実感しましたよ。

 

そして、フロントでチェックイン手続きへ。

 

このとき、こんな提案されたんですよ。

「今日でしたら特別にキングエグゼクティブコーナー
ルームを
ご用意出来ますがいかがされますか?」

 

(うわぁ、この特別感とプライドをくすぐる感じが凄い。)

 

「宿泊費の追加はいくらですか?」

「18000円になります。」

 

私は恥ずかしげもなく価格を聞いて貧乏臭く断りました。
出せるけれども、なんか釣られてる感に抵抗してしまいました(笑)

 

相手を動かしたいとき、こういうプライドをくすぐるとか、
特別感を与えるのも良い手法ですよね。

 

部屋に入ってみて思いました

 

私達の部屋は36階です。

 

なんかロビーから降りるってのは妙な感じがしました。
普通は客室に行くときは昇るじゃないですか。

 

廊下は妙に暗くてオシャレな雰囲気。
(こういう語彙力無いなぁ。。。)

 

部屋に入るとやっぱりオシャレ(笑)
色とかデザインがまとまってるんですよ。

全体的にはブラウンと白でポイントに赤。

 

デザインセンスゼロの私からすると、
凄いとしか言いようがありません。

 

でも、こういうの部屋を見ると、
不動産投資家の顔が出てしまうんですよ。

 

建具や家具の建付け、
壁紙の質感、
各部品の品質、
などなど、、、

 

ついつい細かく見てしまうんですよ。

 

で、思ったのが、

「個々に見ると意外にレベル高くないなぁ。」

って。

 

物件の部屋のデザインを決めるために何十件と物件見たり、
ホテル参考にしたり色々なショールームに行ったりしてると、
それなりの高い視点ができるんですよね。

 

ビジネスするのにも視点は必要です。
視点が低いと何も見えないですからね。

 

そのためには、ある程度の練習や自己投資も必要ですよ。

 

あと、こればっかなんですが、

 

やっぱ、景色は最高でした。

↑↑↑南側の部屋だったんですけど、
いつも見上げているAPAホテルが遙か下に見えるんですよ。

 

ちょっと、勝者の気分。

 

思わずムスカ大佐の名言を言ってしまいたくなりました。
(これって敗者の名言ですよね 汗)

 

他にも

 

バスルームも完全ガラス張りだし、
洗面も完全フルオープンだし、

 

もう、どこで脱いだら良いか分かりません。。。

 

オシャレな円形の浴槽って意外と入りにくいなとか、

 

まぁ、あれこれと知らないことだらけで勉強になりました。

 

朝食で気づいたマーケティング

 

翌朝は40階のダイニングでビュッフェスタイルでした。

 

何食べても美味しかったんですが、
ローストビーフとカフェラテは最高でした。

特にローストビーフは今まで色々と食べてきたのですが、
人生最高に美味しいローストビーフでした。

 

以前、ヒルトンで食べたのより美味しかった(^^)

 

で、

↑↑↑机にツルの折り紙が置いてあるのに気づいたんですよ。

 

最初は

「さすが、オシャレ~」

くらいに思ったのですが、

 

このツルがあるテーブルと無いテーブルがあるんですよ。

 

あるテーブルのほうが明らかにウェイターさんが
しっかり付いて対応してるんですよね。

チェックインのときに私が何度かヒルトンを
使っていることを知っているような話ぶりでした。

 

これは私の見解ですが、

 

リピーターなど重点的に対応したいお客様の目印なんですよ。

 

実は私はヒルトン系列のホテルを何度か利用しているのですが、
予約は旅行会社経由とか旅行サイト、直接とバラバラなんですよね。

 

それでも、ちゃんと顧客をトレースできているようです。

 

こういうシステムを作り上げているのは
流石だなぁって関心しました。

 

他の国内ホテルでは微塵も感じませんからね。

 

他にもよく観察していると分類は3つ以上あるようで
席の配置でも分けられているようでした。

(こっそり、マネージャーのボードも覗き見しました。)

特に上得意の方と思われる人は少し離れた静かなところや
景色を配慮したところに案内されているようでした。

 

誰を何処に案内するとかもしっかり考えているんですよ。

 

ここまで管理できてるってことは顧客のLTVとかも
ちゃんと算出して最も効果的な席の配置をされてるんでしょう。

 

うんうん、流石だ。

 

ビジネス学ぶ前の私なら、

「うわぁ~、すげ~」

ちゃんちゃんで、終わっていたでしょう。

 

知識があると景色もガラッと変わるんですよね。

 

ブルーシールアイスに釣られました

 

あなたはブルーシールアイスって知ってます?
沖縄のブランドアイスです。

チェックアウトして帰るときに1階のカウンターで
アンケートを頼まれたんですよ。

 

最初は、

「なんか、アンケート答えたらブルーシールアイス貰えるみたい。」

って、気軽に受けたんですよね。

 

すると、流れが少しづつ変わって、、、

 

ウェビナーでヒルトングランドバケーションズの説明を受けたら貰えると、

 

冷静に考えればアンケートに答えて5000円相当の
アイスは大盤振る舞いなんですよね。

 

ヤラれました(笑)

 

これは交渉術のひとつで、

「フット・イン・ザ・ドア」

って、テクニックなんですよ。

 

ま、私も交渉術を学んでいるので断るのは造作もなかったのですが、
Web対面でどんなセールスするのか興味が出てきてしまったんですよね。

 

そうそう、

 

ヒルトンのヒルトングランドバケーションズですが、
これは別荘のシェアリングってやつですね。

 

で、実際にWebでセールス受けたんですが、これを全部話すと
記事1本分以上になるので、ちょっと割愛します。

 

 

ひとつだけ言うと、

 

 

対面セールスは強力です。

 

 

対面でなくてもTwitterのスペースでしゃべるとか、
少人数のオフ会でもあなたの認知度が格段に上がりますよ。

 

文章<<<<<<<音声<<<<<<<<<<<<映像

で、情報量がふえますからね。

 

まずは、Youtubeでしゃべるくらいからが、
スタートしてみるのがいいでしょう。

 

こういう経験をしていくと、さっき話した
あなたの基準値がどんどんレベルアップしていきます。

ネットビジネスで収益上げて今までできなかったことに
どんどんチャレンジしてみてくださいね。

 

私も次回はエグゼクティブコーナールームか、
星のやくらいを目指して頑張りますからね!!

 

他にも私が副業始めてからどうやってパートナーと
折り合いを付けたのかってのを記事にしています。

興味があったら読んでみてください。

オススメ記事

今回はネットビジネスを始めるとき、 パートナーにどう切り出すかって話です。   なんか、ダイレクトに 「ネットビジネス始めたいねん。」 なんて言うと、   「怪しい商売ちゃうの?」 […]

《びんちゃんのプロフィール》

私は中小企業サラリーマンとして設計職で働きながら、
コンテンツビジネスの社長をやってます。

 

元々、仕事は失敗だらけのダメダメで、
副業でも何度も失敗と挫折を経験してきました。

 

それでもビジネスに挑戦し続けていたら、
結果が出始めたんですよ。

 

雇われるだけが働き方じゃない。
個人で収益を上げることもできる。
リスク無くビジネスを始める方法だってある。
実は普通のサラリーマンでもできる。

 

そのことをひとりでも多くの人に
知ってもらいたいと思いブログをやってます。

 

詳しいプロフィールは
この記事を読んでもらえたらと思います。

 

40代サラリーマンが社長になった物語

はじめまして、びんちゃんです。   私はサラリーマンとして製造業の設計業務をしながら コンテンツビジネスで社長をやってま…

最新情報をチェックしよう!