メルカリ攻略!ネットビジネスの知識で1.7倍高く売る3つの簡単テクニック

今回はメルカリで不用品を売るときの
テクニックについてお話します。

 

実はちょっとしたマーケティングと文章術の知識があれば、
メルカリだって攻略できてしまうんですよ。

 

私は昔から中古販売をやってました。
まだヤフオクが手数料なしという頃からです。

 

ヤフオクでも結構稼がせてもらいました。

 

昔はヤフオクだったんですが、
最近はメルカリを主に使っています。

 

そんな中で見つけたのが、

 

超カンタンな3つのテクニックです。

 

このテクニックを使うだけでも、
相場より1.7倍高く売れる可能性がある

 

だけではありません。

 

この記事を読んでメルカリを始めると、

 

  • 『商品の魅力を引き出す』というネットビジネスの練習になる
  •  魅力が引き出せれば相場より高く売れる。
  •  あなたが時間や知識を手に入れるための資金が手に入る。

 

なんてことができてしまうんです。

 

まず、簡単なビジネスの練習ができます。

 

メルカリやヤフオクを使ったせどりや物販といった
ネットビジネスと不用品の販売は同じなんですよ。

 

ネットでも、リアルでも、ジネスの基本は

集客>教育>販売

です。

 

集客は基本メルカリがやってくれます。

 

後はあなたが不用品を売りながら、
教育・販売の練習ができるんです。

 

特に相手に何を伝えれ欲しいと思うのか?

 

これを考える練習になるんですよ。

 

次に3つの簡単テクニックを使うだけ相場より高く売れます。

 

メルカリで不用品を売ってる人って
結構いいかげんに売ってるんですよね。

 

だから、ちょっとしたことで差が付きます。

 

つまり、ライバルのやっていないことで
差別化することもビジネスでは大切なことです。

 

最後に売れれば資金が調達できます。

ネットビジネスの勉強しながら、
相場より高く売れて、
お小遣いが手に入るなんて、

 

めっちゃいいですよね。

 

なので、この記事を読んだら早速やってみてください。

 

3つの超カンタンテクニック

 

私が注意してるのは、たった3つ。

 

  • 明るい写真
  • 売り出す時期
  • 欲しくなるタイトルと文章

 

基本これだけです。

 

そんなに難しくないでしょ?

 

まず、写真ですが、
いつも2、3枚を載せています。

商品全体とアピールしたいところや、
相手が気にするだろうと思わるところを写します。

 

逆に大きなキズとかあれば先に正直に出すようにしています。
あと、必ずキレイに拭いています。

ある程度、キレイに見える角度とか、
照明の写り込みが無いようにとかは考えます。

 

経験上、屋内照明より自然光のほうがキレイに撮れますね。
窓際のフローリングで撮ったりもします。

できなかったら無理して、
自然光にする必要もありません。

 

ある程度はメルカリのアプリで調整できますからね。

 

私の場合、基本的にアプリで明るさの調整だけしてます。
それだけで十分なんですよ。

 

やっぱり、暗い写真は印象悪いですよ。

 

写真でやってることは、
この程度でこだわってはいません。

 

でも、これで十分です。

 

次に売り出す時期ですね。

必要な時期の直前に出すのがいいですね。

 

例えば冬物のダウン。

 

3月に売り出したら、
思いっきり不用品じゃないですか。

 

あなたも冬シーズン終わりに、

「来年のために。」

と、思って安くなっている
ユニクロのヒートテックとか買ったことありませんか?

 

つまり、シーズン終わりには安くないと売れないんですよ。

 

それなら、シーズンが始まる前まで、
寝かせて売ったほうがいいんですよ。

 

そして、欲しくなるタイトルと文章ですね。

 

ここが一番のポイントで、
ネットビジネスの練習になるところです。

 

大事なことは、

「相手は、なんて言われると欲しくなるだろう?」

って、真剣に考えることです。

 

相手があなたの商品を買った後に訪れる、
ステキな未来を想像させることが最重要なんですよ。

つまり、ビジネスで重要なスキルである、
商品の魅力を引き出す練習ができるんです。

 

逆にネガティブな言葉はNGです。

 

例えば、

「不要になりましたので出品します。」
「押し入れで眠っていました。」

のようなことを書くと相手も、

「不要なら待てばもっと安くなるかも。」
「いらないなら価格交渉できそうだな。」

とか考えますよね。

 

大きなキズなど明らかな問題点は
正直に伝えたほうがいいですが、
不要なネガティブ発言は避けましょう。

 

私が実際に売った事例を紹介します。

 

文章で説明しただけでは、
ちょっと分かりにくいと思います。

 

なので、ここから事例を挙げて解説していきます。

 

ひとつめは子供用スキー板

相場は4~5000円くらいで、
思ったより低い状況でした。

それが、8800円で売れました。
相場の1.76倍です。

 

まずは写真。

全体と板の裏側の写真を載せました。

撮影はわざわざフローリングの上で行っています。
これには2つ理由があります。

 

ひとつめは明るく撮れるからです。

 

よく、暗い写真を載せている人がいますが、
絶対に印象が悪いです。

 

メルカリは検索すると写真が表示されます。

 

つまり、1枚目の写真が売れる、売れないを左右するんです。

 

3秒ルールというのを聞いたことがありますか?
人は3秒で判断するというものです。

 

例えば、ブログ。

タイトルやアイキャッチを見て
本文を読むかどうか3秒で決めるんです。

だから、ブログでもメルカリでも
第一印象は凄く大切なんですよ。

 

ここでスルーされると本文を
いくら書いても読まれませんからね。

 

もうひとつは丁寧に扱っている印象を与えるためです。

 

普通は外で使用するものを室内の
それもフローリングの上には置かないですよね。

もちろん、丁寧に洗ってありますし、
床にはそっと置いています。

 

他のスキー板は屋外のガレージとか
玄関先での写真が多いんですよね。

この2つだけでも大きく差別化できるんです。

 

次にタイトルです。

「直ぐに使えます。」

と、わざわざ最初に入れたのには理由があります。

 

まずは興味を引くため。

「直ぐに使えるのはありがたい。」
「普通は直ぐに使えないの?」

こんなことを想像してもらうためです。

 

そして、本文にはこんなことを書きました。

 

  • 身長の目安
  • ホットワックス、エッジシャープナー済み
  • 娘の成長エピソード
  • レンタル時間の短縮
  • 12月中頃に販売

 

1つ目の身長の目安ですが、

相手が知りたいのは板の長さやスペックではなく
自分の子供の身長で使えるかどうかなんですよ。

 

だから、スペックより推奨の身長を
書いてあげることが大切なんです。

 

2つ目はホットワックスとエッジシャープナーです。

 

ホットワックスとは固形のロウみたいなもを
アイロンで溶かしてスキー板の滑走面に塗るものです。

エッジシャープナーとはエッジというスキー板の
ふちにある金属部分を磨いて鋭利にする作業です。

 

普通の人はできないので、ちょっとズルいように
思われるかもしれませんが、

自分の能力を最大限に生かして価値提供するのも
ビジネスでは大事なことなんですよ。

 

ビジネスは価値提供が基本ですからね。

 

でも、同じようなメンテナンスをして
何本もの子供用スキー板を売り出していた人は
私より安くても売れていませんでした。

つまり、プラスアルファの価値にはなるけど、
決定的なものではないんですよね。

 

3つ目の娘のエピソードですが、
こんなことを書きました。

ここからが高く売るための重要なポイントです。


『我が家も最初は子供は成長するので
レンタルで十分と思っていました。

しかし、毎回違うセットを使うことに戸惑ったようで、
なかなか進歩しませんでした。

そこで板を買ったところグングン成長して、
今では大人が躊躇するような斜面をガンガン滑っています。』


 

これはウソではありません。

 

実際にえげつないところをボーゲンで
ガンガン滑れるようになりました。

 

こんなふうに相手に、

「わたしの子供も滑れるようになるかも。」

って、ことを想像させてあげるんです。

 

多少、盛るのはいいと思いますが、
まるっきりのウソは駄目ですよ。

 

4つ目はこんなことを書きました。


『今年はコロナの影響でレンタルに
時間がかかることが予想されます。

子供の板なら乗用車のトランクでもカンタンに積めます。

子供にたくさん滑らせてあげるためにも、
自分の板を持たせてあげてはどうでしょうか。』


 

最初にコロナの影響でレンタルを借りるのに
手間取る可能性があることを伝えました。

 

滑る時間がなくなるという「恐怖」というものです。

「せっかくスキーに来たのにレンタルだけで1時間かよ。」
「レンタルのために人だらけのところで並ぶの嫌だな。」

相手も実際に色々なところでコロナの影響で
時間がかかる経験をしているはずです。

 

だから、こんなことを想像させてあげるんです。

 

さらに子供の板なら乗用車の
トランクに乗るというお手軽さのアピール。

実際に子供の板だけなら大きな車も
屋根の上のキャリアも要らないんですよ。

 

そして、最後に子供が1日楽しく
滑っているところを想像させています。

 

相手に「欲しい!!」って思わせることが大切なんですよ。

 

最後にシーズンイン直前の
12月中頃に売り出しました。

やっぱり時期は重要です。
そのために半年寝かせていました。

 

次にキャスターボードです。

相場は4000円くらいでした。

それが6800円で売れました。
これも相場の1.7倍です。

 

おまけに9900円で購入したものなので上々です。

 

これも同じようにフローリングで撮影しました。

 

そして相手が気にすると思われるキャスターのウィール、
つまり車輪の部分を載せました。

もちろん、キレイに磨いてです。

 

そして、

『これからの行楽シーズンに子供と
一緒に挑戦してみませんか?』

というような文章を入れて、

「思い切って子供と一緒にやってみよう!!」
「子供と一緒にできたら楽しそうだな。」

という明るい未来を想像させたんです。

 

最後に売り出したのは、
3月中旬の行楽シーズン前です。

 

そんなに難しいことはしてませんし、
コストもかけていません。

ちょっと考えないとダメですが、
それが練習になるんですよね。

 

他にはこんなものも売れます。

実家にゴミ同然で転がっていたスマホです。

それが2980円

 

他にも6年落ちの古いタブレットとかも売りました。

これも2980円で売れました。

 

まぁ、こんな価値ないだろうってものでも、
売り方次第では売れるんですよ。

あと、人気本を読んで速攻で売るってのもやりました。
定価と変わらないような金額で売れることもあるんですよ。

 

あとはビジネス練習がてら、
あなたが、やるか、やらないかです。

お試しでやっても全く痛手はないので
ぜひ、やってみてくださいね。

 

まとめ

 

メルカリで不用品を売ることでネットビジネスの練習になって、
資金調達までできてしまうってオドロキですよね。

 

ちょっと知識があるだけで、こんなことができてしまうんです。
知識って本当に大事ですよね。

 

まとめると、

 

  • 商品の魅力を引き出すというネットビジネスの練習になる
  • 魅力が引き出せれば相場より高く売れる。
  • あなたが時間や知識を手に入れるための資金が手に入る。

 

メルカリで不用品を売るだけで、
あなたにメリットがたくさんあるんですよ。

 

ただし、これに没頭したり、ずっと続けたりすることはオススメしません。

 

不用品って無限に出てくるわけでもないし、
大半は買ったときのほうが高いから基本マイナスなんですよ。

だから、商品の魅力を引き出す練習と、
一時的な資金調達だと理解してください。

 

そして、ここで得た資金を未来への投資に使ってください。

 

時間や知識を買うんです。

 

不用品を手放して、
ビジネスの練習ができて、
お小遣いが手に入る。

まさに一石三鳥ですよね。

これをやらないなんてもったいないと思います。

 

ぜひ、あなたも今日から不用品を高く売る
練習をやってみてください。

 

他にもサラリーマンに仕事に転用できる
ビジネススキルの話なんかもしています。

良かったら、この記事も読んでみてください。

オススメ記事

今回はビジネス思考はサラリーマンの 仕事にも使えるという話です。   この記事では、 本質的に仕事がデキるようになる 仕事の効率が上がり残業が減る・無くなる 仕事しながらビジネス思考が鍛えられる[…]


《社長になる方法を公開中!!》

40代が知識ゼロ・経験ゼロから
社長になるための無料メールマガジン「INNOVATE」

今なら期間限定読者全員

私が最初にネットビジネスで、

10万円をマネタイズ(収益化)した方法が分かる

27ページもの有料級レポート
『スタートダッシュ!!稼げる自己アフィリエイト』
無料プレゼント!!

さらに、

たった5つの簡単なアンケートに答えるだけで
『有料教材でも語られないTwitter分析法』
未公開限定動画をプレゼント中!!


最新情報をチェックしよう!